あかりまち日誌

管理人まそらかなたの創作絵展示サイト、『あかりまち』の日記コンテンツです

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

続・副鼻腔炎  

こないだ発症した急性副鼻腔炎(ちくのうしょう)の再診にこないだ行ってきました。

『次回の診察では、レントゲン撮るよ』
と言われていた通り、診察券を出すなり、階下の内科にレントゲンを撮りに行くよう指示されました。
私が行っていた耳鼻科は、大病院ではなくビルの中にある小さいクリニックだったので
レントゲン設備がなかったモヨウ。
レントゲンを撮りに行くよう指示された階下の内科は、私が通院している耳鼻科とは別クリニックでちょっと緊張・・・(提携してるのかな・・・?)
ドキドキしながら受付で診察票を出すと、どうということもなく、さらりとレントゲン室に案内されました。
あ、よくあることなんですね・・・(ちょっと拍子抜け。内科だから混んでるかと思いきや、空いてたし・・・)

アタマの周りを回転する小さい撮影機で撮ると事前に知人から聞かされていたので
こないだ歯医者で撮ったやつかな~とか思いながら廊下を歩いていくと
着いたのはほんとーに普通のレントゲン室。
(※寝台みたいなのがあって、そこに寝転がって撮る形式)
へぇ~これで顔周りみたいな写真も撮れるんだ・・・と思い、
早速靴を脱いで寝転がろうとしたところ、技師さんに制止されてしまいました。

『?』と思って技師さんをぽかーんとみつめていると、
技師さんはどこからともなくサッとティッシュを一枚出し、
レントゲン用の寝台に引き・・・
『このティッシュの上に、顔を当てるような姿勢で撮りますよ』
と一言。

・・・・??

つまり、こういうことだったんです。↓
20090418_2.png
この図で分かるかな・・・

広いレントゲン室で1人置いてけぼりにされ、
寝台につっぷす私。
かなり間抜けな光景でした。


診察結果ですが、治りは良好だったみたいですよ。
それがせめてもの救いですね・・・
スポンサーサイト

category: つれづれ(絵つき)

thread: 今日の出来事 - janre: 日記

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://chaikong.blog119.fc2.com/tb.php/11-8dc96c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。