あかりまち日誌

管理人まそらかなたの創作絵展示サイト、『あかりまち』の日記コンテンツです

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ふるさとは遠くにありて想ふもの  

リンクに3件追加しました!
お世話になっている方や憧れの方など。

そして新年用臨時TOPを通常モードに戻しました。
さて、脱・年始ムードで、今年も描くぞ~~・・・!!
とりあえず目標は、1月に1枚、2月に2枚!

********************************

さて、Yzさんのさいたまスーパーアリーナライブ、
レビュー、書きます!
(あぁぁていうかAラシさんのも書いてないのに!!ていうかAラシさんのライブレポ、下書きはあるんだけど
長すぎてまとまらないよ!今しばらくお待ちを!!)

気になる方は続きからどうぞ~!


行ってきました!YUZUのFURUSATOツアー!(二回目)
今回はさいたまスーパーアリーナです。
今ツアーは、追加がまだあるんだけど(横アリとか武道館とか)
都合上私が行けるのは、今回が最後なので気合入れて行ってきました!!
(とか言って、寝坊したけど!!!!)←しかもタオル忘れて、まぁ・・・!!
なんかチケットを忘れないことに命をかけすぎたよ!ばかだ!

さいたまスーパーアリーナは『リボン』のツアー以来。
ぺかぺかできれいですよね!そして横アリより広い!!
おなじみのラジオ体操から始まりますが通路脇すぐの席だったので
いつもより広く動くことが出来ました。
わーい!

『桜木町』ではじまる今ツアー。
厚ちゃんの高音に鳥肌立ちます。きれーだなー!!!
2曲目、シシカバブー。もうここで既に振り切ってる感じ(笑)
実はすごく好きな曲です。
3曲目は、らんこさんの
「昨日は『ラクティス(注:『STORY』のこと)』じゃなくて『アゲイン2』だったよ!!」という発言通りでした!

アゲイン2・・・すごい好きで、聴くたび感情昂ぶってぐっと来てしまいます。
私の中ではゆづさん再生の曲です。
『トビラ』のアルバムのあと、『ゆづが(というよりユージンが・・・)帰ってきた~~!!』と思えた
大事な一曲なので。
そこにまた自分の想いも重なっちゃって、頑張ってるときほど心に効きますね!
もう出だし三曲で、「今日、来て良かった・・・」という感じでした(笑)

その後もカップリング曲やアルバム曲が続き
お楽しみのBack to the YUZUは、1999年でした。
なつかしのメドレー!
『始まりの場所』を聴くと、あいのりが蘇りますね。
そして『センチメンタル』や『いつか』、『サヨナラバス』『友達の唄』などまさに黄金期。
個人的には『始発列車』と『傍観者』がうれしかった。
『灰皿の上から』とかもなんかレアだな~。私の中では。

とりあえず、過去映像の厚ちゃんが、若い!
ていうか細くて、つるっとしてて、なんだ?!ジャ●ーズみたいだよ!?(贔屓目すぎる?)
ユージンさんはもじゃってる時期でした。若い。可愛い。
二人とも、犬コロのようでした・・・あぁ、愛。

『センチメンタル』の「左ハンドル」の意味がわかってよかったです(笑)

高校時代、まさか自分がYUZUのライブに行くなんて思わず
毎週トモダチとカラオケでハモりの練習をしていた時期を思い出しました。
1998年のメドレーも良かったけど、私はたぶん1999年のこの黄金期にはまって
逆流して聴いたひとなので、1998年の曲をがんがん聞き込んだのは受験シーズンくらいだったのですよね。
曲自体は1998年の曲、すごい好きなんだけど
でも、時期的に1999年の曲の方が無駄に思い入れがあって、気恥ずかしく懐かしくて良かったです。

あと、今回の自分の中での驚きは
『Yesterday and Tommorrow』でも感極まってしまったことですかね。
この曲はいつもは純粋に元気がもらえる曲だな~という感じだったのですが
なんかツボにはまって、ぐっと来てしまった。
まっすぐさに泣けた。
なんか、自覚無かったけど、私疲れてたのかも?と思った瞬間(笑)
でも自分が疲れていたことに気付けた瞬間、重かったものがふっとどこかに消え去って
急に軽くなったのでした。
すごいな、ライブパワー!!!

そしてその後は、もうそれは諸々あり、最後は『逢いたい』『虹』と続き、
アンコールの『陽はまた昇る』『少年』『みらい』という流れ。ここはもちろん変わりなく。

最後の曲の流れについては、前回、悲しみとそこから立ち上がる希望を思わせるという話を書きましたが
それにしても『逢いたい』の歌詞がすごいなぁと。
これって本当に真っ直ぐな歌だな、とつくづく思いました。

だってもし私が歌詞を考えるんだったら、最後の歌詞はきっと『ありがとう』とかにしちゃう。
なんかついきれいにまとまる気がして。

でも、ユージンは、ここでも『逢いたい』と歌うので、それはでも、本当に本当の気持ちなんだと思います。
それは大事な人を失ったことのある人にしか分からない、ただただ逢いたい気持ち。
ありがとうとか、そういう綺麗ごとじゃ済まされないような、現実を超えた渇望。

3日前誕生日だったユージンを思うと、これまたいろんな思いが去来して、
そしてたくさんの人々の記憶もぐるぐる私の中でまわって
やはり胸に込み上げてきてしまいます。

『逢いたい』


そんな感じで、終わり間際にらんこさんがぽつり。
『明日からまた仕事だね・・・』

『でも来てよかったよね』
『うん。ていうかこれがあるから頑張れるよね~』

その通りだなー。うん。
ほんと、元気でた。
仕事がんばれる。頑張るよー!!

今回もありがとうな感じで会場を後にしました。
次はいつ行けるかな。
でもそれを楽しみに生きますよ!
スポンサーサイト

category: つれづれ

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://chaikong.blog119.fc2.com/tb.php/159-fe3810d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。