あかりまち日誌

管理人まそらかなたの創作絵展示サイト、『あかりまち』の日記コンテンツです

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

だらだらなつやすみ  

一昨日の難波ツアーは、なぜか朝イチでドーナツ食べるところからはじまり、
そのあと姉妹そろって髪を切りにゆき、
お昼にはなぜか仕事中のはずのぱぴーにおごってもらって
極め付けに、わざわざ帰省先でカバンと靴をばか買いしてしまった…

おーさかでこんないっぱい買ってどーすんねん!!!

しかも、もともとはアンテナさんの買い物に付き合いに行ったはずなのに
アンテナさんは何も買っていないという罠。
…なんで??
まぁ、久々にショッピングできて楽しかったから、いい…いいか?まーいーや…


昨日は踊る~のレインボーブリッジのやつやってましたね!
懐かしくちらちら見てしまいました。
あの頃はドラマ毎週必死に見てたな~!楽しかった。
王様のレストランや、古畑とか、三谷作品も全盛期だったし、踊る~を初めとした君塚作品もおもしろかった!
トレンディドラマも充実してた気がする。
相当見てたなぁ。

でも中でも『これは名作!』と思うやつがあって、
大体は世間の評判ときちんとかぶるのですが、たまーに例外があって
好きなのに注目度低いやつとか、寂しかったな・・・

『恋はあせらず』とか、『総理と呼ばないで』とか
なにげに名作だと思ってるんですが・・・あまり知られてないのですかね?
それとも見てたけど『別に・・・』って感じだったのかな・・・

『恋はあせらず』は・・・
沖縄から最高の女をモノにするといきって出てきた田舎者キャンちゃんことオダユージが
シンゴちゃん扮するチンピラ詐欺師に毎回騙されて事件が起きて・・・という感じのお話。
シチュエーションだけ見ると、なんか『真夜中のカウボーイ』を彷彿する作品だった気がします。

シビアに生きてささくれるだけささくれて、もう夢見がちには生きられないシンゴちゃんと、
どんな状況でもきらきら夢見ることだけはなくせないキャンちゃんがすごく対照的。
あれで初めて小雪を知って、何じゃこの人ってすごく印象的でした。

『総理と呼ばないで』は三谷作品だから知ってる人も多いかなぁ。
総理を演じるのは田村正和。
汚職だなんだとまみれた政党で唯一身元調査がシロだったという理由で、何の思いも考えもないのに
うっかり総理になってしまう。
年下の奥さんとは上手く行かないし自分のこどもとも相容れない。
家庭内不和も調整できない残念な総理には、毎回受難が待ち受けていて・・・というお話。

最初は三谷作品特有のだらだら感満載で、よくこんなテキトーでドラマになるなと思うのですが
最終回が秀逸です。
今の政治家、これをみんな見なさいよ!!って当時心底思いました。

あぁ懐かしい。
最近は原作つきばかりですね。原作のファンを引っ張ってこようというもくろみとは思うのですが
○○作品だから見よう!という脚本家びいきがあまりなくなってしまってちょっと残念な昨今です。
スポンサーサイト

category: つれづれ

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://chaikong.blog119.fc2.com/tb.php/254-b5f50852
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。