あかりまち日誌

管理人まそらかなたの創作絵展示サイト、『あかりまち』の日記コンテンツです

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ドヤ顔上等!  

dm-e.gif
画板さんのフライヤーです。
たくさんの作風があって今から原画に触れられるのが楽しみです。
がががんばって新作・・・描く!よ!!
新たな試みもしてみたいです。

というわけで、最近色々描いた絵をサイトにアップするのは
9月の連休以降になってしまいそうです。
・・・イヤ、描いてる間に気分転換で更新するかもしれません・・・どどどうかな!

詳細は下記リンクより!
9月の連休、予定がまだ埋まっていない方は、ぜひ!!


***********************

私は大学の卒論を『紀貫之』テーマで書いてるのですが
紀貫之のどこが好きなんだろう、と昨日お風呂の中でぼんやり考えていていました。
唐突に・・・

そしてたどりついた答えが、
『紀貫之の、1首詠んだあとのドヤ顔感が好きなのかもな・・・』
でした。

なんか・・・絶対うまいこと言っては、めっちゃドヤ顔してると思います。
ねづっちみたいな感じで。

・・・しかし、ドヤ顔が好きってどんなだ。

でも子どもが自分の発見を『見て見て!!』と大喜びする感じにすごく似ていて私は好きなのです。

百人一首でよく知られている歌は
『人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞむかしの 香ににほひける』
ですが、これはそんなに好きじゃなかったり・・・
わざわざこの一首を選んだところに、選者の定家の悪意すら感じますよ!

そもそも百人一首を選歌した藤原定家は、紀貫之を
『哥心たくみに、たけをよびがたく、詞つよく、姿おもしろきさまを好て、餘情妖艶の躰をよまず』
と言ってあんまり評価していなかったから仕方がない。
定家は奥ゆかしい紫式部を評価した人なので、きっと紀貫之のドヤ顔感がいやだったんですね!(笑)

でも、清少納言にも共通する気がしますが、日常における小さな発見は
人生をきらきらさせる大事なエッセンスだと思うのですよ。
ドヤ顔上等!

私もドヤ顔でアップできる一作を描きたいと思う今日この頃です。
スポンサーサイト

category: つれづれ

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://chaikong.blog119.fc2.com/tb.php/274-772f92a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。