あかりまち日誌

管理人まそらかなたの創作絵展示サイト、『あかりまち』の日記コンテンツです

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

郷愁に乾杯!  

去る16日!行ってきました、カフェサルーテin愛知!

結局前日夜中の三時まで作業をしていましたが、なんとか朝六時に起床。
そのせいもあってか、テンションが高すぎて、
まだ清掃中の新幹線に乗り込んだりと相変わらずの落ち着きの無さでしたが
東京駅で落ち合った丹羽さんの包容力あふれる笑顔に気持ちをほぐされつつ、一路名古屋へ。

そして新幹線を降りてからは名古屋の不思議に目を奪われつつ、名鉄名古屋駅から国府宮駅へ向かいます。
名古屋、ふしぎなところ!なんだか新しいのにレトロな空気感で、
丹羽さんと『なんだか気になる~!』とか言いながら進みました。

駅のホーム端に使われているのはなぜか木材。…木材?!
特別車両は一番後ろにあります。(関東県のJR路線とかだと特急料金のかかる車両は真ん中付近にありますよね)
行き先ごとにきれいに色分けされた乗車線。並んでたけど特別車両だったから扉なかったよ…
日本の中心くらいにあるのに、suicaもicocaもつかえない。
そして使えるのはその名もmanaca!その堂々たるネーミングに感服です。
(※すみません、口調が小バカにしたような感じですが愛を持って褒めています)

そんな名古屋駅を特急で一駅進めばそこは国府宮!
国府宮もなかなかの不思議空間でした。
田んぼに挟まれ、向こうには白い巨塔が…(エレベーターの実験塔だそうです)
思ったよりもずっとのどかな風景に終始驚きっぱなしの私と丹羽さん。

そしてとうとう!目的地のサルーテさんが見えてきました!
興奮のあまり、遠目から写真を撮りつつ、少しずつ近付くふたり。
(そんな興奮しなくてもサルーテさん逃げないよ…!)

そんな興奮の末に撮った写真たち↓
201104161304000.jpg201104161304001.jpg
広い駐車場に、可愛い外観…!まるで外国のおうちのようです。

中に入ると、見た目よりもずっと広い印象でした。
先にいらしてたnatsukoさんとイコさんは一番奥の特等席で談笑されているところでした。
念願の!全員顔合わせです!(もう展示はじまってるけどね…!!)

おなかぺこぺこだったので、私はサルーテランチを。
丹羽さんとも話してたけど、展示を見るのはもちろんだけどどちらかというと最終目的は、
サルーテで素敵ランチを食べることだったんですよね!!!
『美味しいものが旅の目的地にあるって、すごく幸せですよね』と、これは丹羽さんの言。
全くその通りですよね。美味しいものがあるとちょっとの苦労は気にならなくなるという不思議。
(食い意地が張りすぎてるとも言う)

サルーテランチ、『結構量ありますよ~』とnatsukoさんが仰った通り、めっちゃ盛りだくさんでした!
まずは前菜の3種盛り。(パテ美味しかった~)そしてサラダとスープ(具だくさんミネストローネ!)
無添加パン(めっちゃ美味しい!)と本日のパスタ(私はトマトソースのパスタを頼みました!ピリ辛で美味!)
201104161322000.jpg201104161333000.jpg201104161337000.jpg

デザートがこれまたおいしくて…
名前忘れちゃったんですけど、このカップに入ったヤツ!これがとってもおいしかったです…
ドリンクは紅茶にしました。カップもひとつひとつ可愛かったです。
201104161418000.jpg201104161416000.jpg

食べながらも、もちろんあれやこれやと話していましたが、
食べ終わってからも話はつきません。

というか帰ってから気付いたんですけど、
なんかほとんど私のお悩み相談室になってた!!!!

ほんとごめんなさいほんとごめんなさい。

皆さんの創作のアレやコレや聞くつもりだったのに!
あの方の好きなものとかこの方の経歴とかもっと触れたかったのに!

むしろJ募金の顛末とか、マンガを描くのがとても楽しいとか、動物が描けないとか
そんな話はどうでもよかった…よ…!!!

でも、なんでしょうね。
どんな相談も、まるでプロのカウンセラーでいらっしゃるかのように
話すほど悩みが解けて行くのです。

それも『こうしたらいいんじゃない?』『あぁしたらいいんじゃない?』と言うのではなく
『そのままでいいんですよ』というか、好きなものは好きなものでいいんですよと
なんだかゆるされていく感じが本当に心地よかったです。
あぁなんだ、そんな悩まなくていいんだ、というか。
また、そういう失敗や後悔を繰り返すことで今に辿りついたという話を聞いて
この苦しさもきっと何かに繋がるものなのだと信じられそうな気持ちになれました。

…あんまり属性に振り分けるのは好きじゃないのですが、
私のだいすきなお三方を皆さんに少しでも知って頂きたいので、端的にご紹介すると…

natsukoさんは…愛されキャラ!
ご本人は『毒吐き毒吐き』言うてますが、人柄のせいかちっとも毒に聞こえません…!うらやましい…
でもすごく気遣いの人で、それを皆感じるから余計にnatsukoさんを放っておけないのですね…!

イコさんは…癒しキャラ!
謙虚な笑顔で、横に居てすごく安心感を覚えました。いやーダーリンを心配する様子に愛を感じて萌えました!
一歩後ろへ下がってくださる空気感は、やはり相手への思いやりなんでしょうね。心がじんわりしました…

丹羽さんは菩薩キャラ。(えっ…)
他を圧しない穏やかな存在感はまるで何にでも変化する水や大気のよう!自然な相槌に、適宜スマートな口添え…
理解力があり、溢れ出る知識と教養をそこここに感じるのに決してひけらかさないところに惚れます!


そんなこんなで話は尽きないところに、しばらくするとマスターと奥様にご対面!
奥様もとても物腰の柔らかな素敵な方ですが、マスターがこれまたすごい素敵で…!
お世話になっております、と恐縮しつつ言うと
『こちらこそ、うちのマルコ(natsukoさんのこと)がお世話になってます』とスマートな回答…!
『まそらさんはどちらですか?』という背中がしゃんとするような響きに、心震えました…
よ、よんでもらえた…ゆめのようだ…
挨拶をした後、『さっきまではちょっとお声をかけづらい雰囲気だったので…』と
苦笑される様がまたダンディ…!
惚れてまうやろー!と内心叫びまくっていました。

『絵のことはあまりよく分かりませんが、いらっしゃったお客様が見てかわいいと喜んでくださるので。』
と、展示に対する謙虚な姿勢を口にされるだにダンディ。

それからはもう、ひたすらマスターを目で追う私!
素敵なんですよ~~…

絵をかける場所を作るためにドライバーを持ってきて釘をさしてくださる様子。
『あそこは少し暗い場所なので、ここに掛けた方が…』と絵の場所に気を配ってくださる様子。
ナナメになった絵を、優しく掛け直されている様子。

『絵のことはあまりよく分かりませんが…』なんておっしゃいながら、作品へのあまりある愛情を感じて
心底こちらで展示させて頂けて良かった……!!と感激いたしました。

そんなマスターが『家内に言われたもので…』とスマートに出してくださったお茶。
201104161556000.jpg
展示までさせていただいて、1500円のランチで大騒ぎで居座って、
あまつさえハーブティーまでごちそうになってしまうとは……!!!
ほんとなんかもう、ありがたいを通り越して申し訳ないという域に達しておりました…恐縮すぎる!

ハーブティー、心の芯から温まりましたとも…

私たちが店内で記念写真を撮っているときも、ね!
natsukoさんがマスターに声をかけたのですが、苦笑しつつ顔の横で『イヤイヤ』と手を振るマスター。
しばらくすると店内奥に行ってしまわれたので、逃げてしまったのかな~と思いきや、連れてきたのはシェフ!
飽くまで自分のお店を支えるスタッフを前に出そうとするその謙虚さに、また心ときめく…


夕方になると、わざわざテーブルまでいらして
『用事があるのでお先に失礼いたします』みたいにご挨拶くださって
イヤむしろこちらこそ長居して申し訳ありませんみたいな気持ちでした。
最後までダンディ。後ろ姿すらダンディ…!!

しかもさらに先があるんです…!!!

楽しい時間はあっという間で、じゃあそろそろお開きという段になり
お会計をしていると、レジの方が『皆さん国府宮駅ですか?』と聞くのです。
そうです、と答えると、なんと駅まで送ってくださるとか!!!!
それはさすがに厚かましすぎる!と全員で思いっきり辞退の旨を申し上げたのですが
『彼に頼まれておりますので…』とスマートに返す店員さん。(男性)

彼!
もうなんていうか素敵すぎる。
生半可な執事喫茶よりずっとお嬢様気分で夢のようでした。

結局、マツケン似の(これまた)すてきな男性に駅まで車で送って頂きました。

なんでしょう、サルーテさん、『採用基準:身も心もイケメン』とかあるんですか?
ほんと人の温かさ、素敵さに触れたカフェサルーテへの旅だったのでした。

そんなこんなでnatsukoさんからいただいた『ありがとうさぎ』なクッキー。
201104161518000.jpg
こちらこそ、展示メンバーさんに、そしてサルーテさんに、無限のありがとうを…!!!

ラスト。
夕闇も素敵なサルーテさんの写真!
201104161829000.jpg201104161830000.jpg201104161830001.jpg

ほんと、近所にあったら毎週通いたい素敵なお店でした。
近所じゃなくてもしょっちゅう行きたい。魂が呼ばれる~~!!
皆さんも、ぜひ!!料理だけではない素敵な接客に心を癒されること請け合いです…!!!



はっしまった、展示を見に行ったのにほとんど料理と人の話しかしてない…
最後になりましたが、原画を改めて見た感想をば。

natsukoさんの原画は、見れば見るほどに大胆さと繊細さが一体になっている印象。
線といい、色のセンスといい、まさにnatsukoクオリティ、natsukoブランドです。
余白に詰め込まれた叙情がまさにノスタルジー!作品の余白に、まるで行間を読むような楽しさがありました。

イコさんの原画は、見ているとぐんぐん絵の中に惹き込まれてしまいそうな魅力があります。
手作り額までがまるで一枚絵のよう。
特に今回の原画はサルーテさんの雰囲気ぴったりで、お店と一体化していました。
『ちょっと狙いました』…って、それを狙ってやれるんだからホンモノです!!すごいー!!

丹羽さんの原画は、どれも映画のワンシーンのようです。
初めて見たのにどこかで出逢ったことのある懐かしさ。セピア色の思い出。
動物や小物、人間ならざるもののどれもが丁寧に描かれていて、
ひとつひとつに愛をそそいでいらっしゃるんだなぁということが感じられました。

私の絵は…ウッっ…もういいです。
(結局押しが足りず、1枚目のテーマ絵を回収できなかったし…)
↑あまりにいたたまれず持って帰ってくるつもりだった
今後精進します…ほんとに…


サルーテさんでの展示、まだまだやっております!
機会があれば皆さまぜひお立ち寄りくださいませ…!!
スポンサーサイト

category: つれづれ(しゃしんつき)

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://chaikong.blog119.fc2.com/tb.php/396-94a4582f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。