あかりまち日誌

管理人まそらかなたの創作絵展示サイト、『あかりまち』の日記コンテンツです

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ねんねんころり。展、ありがとうございました!  


あぁっもう数日余韻に浸る休みがほしかったっ…
まそらかなたです。

今月も気が付けば最終日で、思い返してみれば先月はティア直前まで製本しながら
『えっ来月二つも展示とか…何にも描いてないよ!できるのっ?』と
脳内大パニックになっていたことさえ、今となってはいい思い出ですよねっ(えっ)


ことの発端は今からまさに半年ほど前のこと。
くおんさんの『秋のデザフェス、スペース折半で出ませんか?』という一言から
すべてが始まりました。


その当時、ちょうど秋のデザインフェスタの申し込みが大盛況で、
くおんさんは一緒に出る相方さんを探してらしたのです。

そんなくおんさんにつけこんで、
くおんさんが忙しいと知りながらも意地の悪い(笑)条件を出してしまった私!

『何か新しいことするなら、一緒に出ます!』

そこで決まったのが、
『11月の後半で企画展示をする!その宣伝としてデザフェスに出よう!』
ということでした。

(つまり企画として先に決まったのは、下北沢の方だったのです。)

企画は、くおんさんが以前からあたためていたという大切なお題。
『眠っている子ばかりの絵に囲まれたいんです!』という、
くおんさんのきらきらコメントが今も脳裏にしっかり焼き付いてますよ~

私は展示はもっぱら乗っかるばかりだしそもそも展示なんて活動をはじめたのも
ここ数年という初心者で、くおんさんの相方がつとまるかとて不安でしたが、
そのくおんさんのきらきらコメントを聞いて、
うん、私も囲まれたい!と素直に思ったのでした。
(むしろその気持ちだけで、結局乗り切ったといっても過言ではない!)


ところがところが!
そんなきらきらめざして意気揚揚とデザフェス申し込みにいったら
一番小さいサイズのブース、『Sブース』がもう売り切れという予想外の展開!
キャンセル待ちのみ受け付けというおそるべき状況だったのです!

キャンセル待ちするか?めっちゃ高いけどMブースにするか?!
はたまた今回はデザフェス参加をあきらめらるか…という話もでて
悩んだ挙げ句、
『いっそデザフェスは、同じテーマで募集型のグループ展をやったらいいじゃない!』
ということで、大胆にも倍の値段のMブースを申し込む方向で
話がまとまったのでした。

これが『一ヵ月に展示を二つする』ことになった顛末です…

それからもなかなか二人で話し合いをする機会がなく苦労したり、
場所決めの段になってピロさんのアデム発症という事件が起きたり…
くおんさんにはご迷惑をかけっぱなしで、
いつもごめんなさーいごめんなさーい!とつぶやいていた気がします…っ

そうなんですよね、話し合い、ね!

二人で決める、というのはなかなか難しいことで、
お互い気になる部分が少しずつ違うので
それのすりあわせに一番時間がかかったというのはあったかもしれません。

よかれと思って選択したことでも、相手から見ると
それは不要なんじゃないかとかと指摘されたり
その逆もしかりで、あぁなんか、人の価値観ってこんなにも違うんだ!と
いい意味で驚きの連続でした。
自分一人だったら見えなかった視点もたくさんあったと思うので
とてもいい経験ができたと思います。

手間を惜しんでお金で解決しようとする私に対し、
金銭感覚がしっかりしているくおんさんがセーブしてくださったり、
あわよくば手を抜こうという私だけど、
理想を忘れないくおんさんを見て思い直すとか、
二人だからこそ頑張れた部分もおおいにありました。ほんとくおんさんには頭が上がりません!


そういう真面目さも想いの強さもそうですが、
でもそれより何より、私がくおんさんすごいな~と思ったのは、人集めの部分ですね~

デザフェスにしろ下北沢にしろ、
私だけでは絶対にあんなにたくさんの素敵な作家さんに参加していただくことは
できなかったので…

実際デザフェスも下北沢でも、私が店番をしているときに
お客さんに『くおんさんは…』と聞かれた回数の多かったこと!

主催に必要な素養だとか、そんな難しいことはよくわからんですが、
しかし、顔の広さとか想いの熱さとか、そういうのは絶対に必要で
今回そこをしっかり持っていたくおんさんが主催だったからこそ
こんなに充実した企画になったんだなぁと、感謝しきりです。


まだ作品の返送など大事な仕事が残っているので、
いろんな方への感謝の気持ちをきちんと持って大事に作業していきたいと思います。

素敵な企画を生み出してくれたくおんさん、
デザフェス展に参加してくださった皆様、
下北展を一緒に作ってくださった作家さん、
そして展示を見に来てくださったお客さん。
全員にありがとうと限りない愛を!!




最後に、体調不良でぶっ倒れながらも、
私をデザフェスやら下北やら行かせてくれたナム、本当にありがとう。
いつかゆっくり見に来てもらうのが夢です。
アキさんピロさんもいろいろ我慢してくれてありがとう。
家族みんなが体調悪い中、一人元気だったアキさんは
『カステラがんばってきてね~』と笑顔で送り出してくれて、
本当にうれしかったです。

私の活動の九割はいろんな方の厚意により成り立っています。
それは日々少しずつお返ししたいと思っていて
でももしまた機会を与えてもらえるならば、
何度でもきらきらしたことに向かっていけたらと思っています。

という密やかな誓いをもって、皆さんへのお礼とさせていただきます。
わくわくする毎日を本当にありがとうございました…!
スポンサーサイト

category: つれづれ

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://chaikong.blog119.fc2.com/tb.php/480-922fd40c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。