あかりまち日誌

管理人まそらかなたの創作絵展示サイト、『あかりまち』の日記コンテンツです

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

できないことができるようになる奇跡  

今日の上司との会話。

私『お客さんが〇〇って言ってましたよ』
上司『そりゃー良くないな。上半期一番のBad newsだよ。』
私『上半期一番ですか…(まだ終わってないのに)』
上司『そうだよ。The most bad newsってとこだな』
私『そうですか。それを言うならThe worst newsですね。(バッサリ)』

そんな残念な英語力の会社。
ついでに言うと、私もworstの綴りが怪しくてググった程度の英語力です。
残念すぎる……

==================

アキさんピロさんを日々見てると、子どもってすごい伸びしろあるなーと
その成長速度とか吸収力に日々驚かされます。

大人は『できないことをできるようになる』にはものすごい労力がいるように感じているし
そんなことは奇跡の一種だというくらい途方も無いものに思っていますが
子どもは毎日そんな奇跡の繰り返し。

あんまり当たり前のようにやってのけるので、
近くで見てると、できないことをできるようになるなんて
まるで容易いことなんじゃないかって錯覚してしまうほど。
いやーおそろしい生き物です!

でもそうやって近くで成長を見ていると
知らず知らずのうちにこちらが成長していることもあったり!
奇跡が、起きるんですよ!

何かって?

なんと、齢30を過ぎて初めて!
自転車の両手手放し運転が出来るようになったという…!!!
ウワァ、拍手!!!(えっ……)

ことの発端は、アキさんの自転車練習。
アキさんは今、補助輪無しの自転車が乗れる練習の真っ最中で。

……最近の補助輪無し自転車の練習法って、知ってます?
熱血根性論じゃなくて、ちゃんとノウハウがあるんですよ!
補助輪を外し、なんとペダルもはずすんだそうな!→
びっくりじゃないですか?
イヤ、でも驚くほど効率的なんですよ。お試しあれ!

で、アキさん、今はまさに補助輪とペダルを外した状態で
バランスを取る特訓中なのですが。
こないだ練習に付き合っている時にふと違和感があって。
それで、こうアドバイスしてみたんです。

『真っ直ぐ走ろうと無理してハンドルを固定しすぎてるから、少し軽くハンドルをゆらゆらしてみたら?』

そう。
バランスを崩すまいとして、肩から手にかけて、
まるでギプスでもはめられているかのようにガチガチだったので、
逆に、ゆらゆら前輪を動かすような動作をすることで、
そこらへんの力が抜けるんじゃないかな〜と。
単なる思いつきで言ってみたんですが……

しかし、それが効果テキメンで!
その一言で一気にバランスを取るのがうまくなったんです!

普段意識はしてなかったですが、私たちはハンドルで前輪を動かすことで、
うまくバランスを取ってたんですね……。

そのことをある日の仕事の帰り道、一人で自転車に乗りながら考えていて。
そこで、ふと、思いついたんです!
それってつまり、手放し運転でも同じことじゃない?と!!

私は生まれてこのかた、手放し運転を3秒以上出来た試しがありません。

大人になってからも、自転車通勤している時代に何度か(こっそり)練習したりしていたのですが
それでも上手くいかなくって。
随分長い間そんな感じだったので、私はきっと、
手放し運転なんてできるようにはならないんだ…と諦めていました。

が、アキさんの練習が大ヒントに!

今までは、手放し運転ができるようになるには、
ひたすら自転車の車体が揺れないようにすることしか方法が無い、と思い込んでたんですよね。
でも本当は逆で。
むしろうまく揺らしてバランスを取ることが肝要だったという!

普段はそのバランスを取るのを手でやっていますが、手放し運転の場合、
手の代わりはもちろん、足でやることになります。

ということで、思うが早いか、すぐ実践!!
すると…なんと
思ったよりもずっとうまく行ったんですよ……!

コツは、漕いでいる足先に力を入れること!
そして自転車の揺れに合わせて膝の位置を内側にしたり外側にしたりすると
いい感じで手の代わりにバランスが取れるようになるという!!

そんなこんなで、あっという間に、なんともあっさりと
手放し運転が出来るようになったんです。

……とは言え、まだ手放し運転ヒヨッコですから…
ちょこちょこ一人自転車の帰り道に、
広い人通りの少ない道の真ん中で、コッソリ練習してたりします……

もしもいい歳して手放し運転を練習している人を見かけても
生温い目で見守ってあげてくださいね…


そして。
最後になってしまいましたが一番大事なことですよ!

もしも自転車の手放し運転練習してみようかなという方は
危ないので、迷惑にならないように人っけのない場所と時間帯を選び、
十分周りに注意して練習してくださいね!

私も、気をつけます!!!
スポンサーサイト

category: つれづれ

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://chaikong.blog119.fc2.com/tb.php/518-852f8e53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。